◎  やらない夫・チューリングがエニグマに挑むようです 目次 

1言いだしっぺ ◆e73gxPuo.6:2016/07/02(土) 21:51:18 ID:bO8tjgEc0


このスレは、実在人物「アラン・チューリング」の生涯を中心に、第二次世界大戦下で存在した
暗号解読組織「ブレッチリー・パーク」についても語る物語です。

ですが、所詮はフィクションです。
このスレの内容がそのまま事実を示しているとは限りませんので、ご配慮をお願いします。

※第二次世界大戦を扱いますが、人によっては物足りない内容かもしれません。ゴメンね。
 あくまでもこれは、チューリングの生涯を中心にした話である事を念頭に置いてください。
※特定の人物や国を貶めるつもりなどございません。
※ネタバレ発言は出来れば控えていただけると、ありがたいです。
  (イギリスが勝った、とかくらいならOK)

※過度の議論はどうかお止めください。
 このスレの内容に不満を持ってしまったら、残念ながらご縁がなかったと言う事で。

※投下中のツッコミ・発言は大いに結構です。
 反応がないと不安なので、ドンドン送ってください。
 但しケナされると、作者が泣きます。

※親の似顔絵を書いた幼児を褒めるような優しさで見守ってください。




                       / ̄ ̄ ヘ ヘ       _____
                       |◎ ◎ |∩i     丿
                       | ム   |L.||     < Thank YOU!!
                       ヽ∀___/__/     ヽ_____
                     -===='='=====-、
                     《|||   Å   |||《(()
               v      /|| //||ヘヽ  || |Y
                    //|| // || ヘヽ .|| ||
               | ̄]ニニo ||/  || ヘヽ|| |ニO
                ̄      ||======= || //
                     ()) ⌒)())⌒)//
                     /フ   (/ 7ヽ
                    //    /__/ノニO
                 √(⌒(0     | |
                    |T      (⌒0ニO
                    | |       \ヘ ヾ
                 √(⌒(0      (⌒(0ヾ
                  0ニ))))      0ニ)))) ヾ
                 二二二コ      二二二コ  ヾ


本スレはこちら
雑談所はこちら

【完結】

 第1話 地球に落ちてきた男
 第2話 Soft Machine
 第3話 Dies Irae
 第4話 オオカミさんと幾人の仲間たち
 第5話 これから毎日、ロンドンを焼こうぜ?
 第6話 学者さんと大きな剣
 第7話 「鮫よ、鮪よ!」 前篇
 第8話 「鮫よ、鮪よ!」 後編
 第9話 WAR is OVER
 最終話 そして惑星になる


番外編
 ボンヤリ先生と私
 もう一人の地球に落ちてきた男 ~ニコラ・テスラ~


関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://yaruopact.blog.fc2.com/tb.php/448-67f3b962

back to TOP